Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://highspeedraichou.blog15.fc2.com/tb.php/65-22cb2bb2

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

鰻が無ければ鯰を食べれば良いじゃない

TVでチラっと見て、ネットを漁ってみた。

ウナギ味のナマズ、近大が研究 「これはこれで美味しい」「言われなければウナギ…」商社も注目
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150518-00000001-withnews-sci

ニホンウナギが絶滅の危機に瀕し、鰻の蒲焼等が食べられなくなると言われてきた。
それで、鯰で代用できないかという話。


ちょっとひっかかりを覚えるのが、何年か前に騒ぎとなった、エビの偽装事件。
バナメイエビは「けしからん」と散々叩かれたのに対し、回転寿司などに蔓延る代用魚のことはスルーされていたのが不気味だったのだが。
この「鰻(のような鯰)の蒲焼」、どういう風に売り出すんですかね。

個人的には、鯰料理には縁が無いのだがなかなかに美味いような伝聞は耳にしていた。蒲焼にしても良いのだそうだが、蒲焼にこだわるのはもったいないのではなかろうか。しかも、もともと淡白な味わいだそうだが、鰻の代替にするためにわざわざ脂っこく育つような養殖方法を開発したという。

そもそも、売れない時季の鰻を売ろうとして始めたとされる「土用の丑の鰻」、その鰻が入手難に陥っても紛い物(と言っては鯰に失礼だが)で押し通そうとする商業主義にハメられていることに、バナメイエビを叩いた連中は何も思わないのだろうか。わかってて知らないフリをするダブルスタンダードなのか。


「土用の丑に、ナマズの蒲焼」。これじゃいかんの?
いや、それよりも、「ナマズって美味いんだぜ、いろいろ食おうぜ」って方に行かないのか?
ウナギの品薄、高騰化だって、過度なマーケティングが招いた自業自得なのだが、利権が絡むと眼が曇るんだろうな。形だけにこだわって、本当に美味いものを探そうとする姿勢は無いのだろうか。

「鰻味の鯰」、研究自体は大したものだと思う。しかしそれをありがたがることに関しては、素材本来の持ち味を重んじるという日本人の味覚が、変容しているのではないかと感じる。和食が世界に対し誇れるものであるのか、心許なく思えてならない。
関連記事
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://highspeedraichou.blog15.fc2.com/tb.php/65-22cb2bb2

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。